スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥目の八ちゃん。

もう2週間近くも前になりますが、栞を保護していただいたボランティアさんたちが、たまたま栞家の近くに来られるということで、うちに来ていただきました。

犬連れなので、、、ということで、一旦近くの公園の駐車場で待ち合わせ。

栞にとって命の恩人、SさんとBさんのことは栞もしっかり覚えていて、特別な人にだけする飛びつき癖で、しっかりご挨拶(恥)

ゆっくりと公園の中を歩いてうちに向かいました。
一緒に歩いている間の栞は終始ご機嫌。
「ちゃんとついてきてますか~?」
「みなさん、おそろいですか~?」
といわんばかりに、なんどもなんどもご機嫌笑顔で振り返り、うちに到着。

この日の犬のお客様ははっちゃん。もうずいぶん落ち着いた年齢の男の子。
皮膚の病気を患い、こちらの病院でしばらくあずかってもらって治療してもらい、随分よくなり、この日に引き取りに来られたとのこと。以前は背中にもまったく毛がなく、皮膚の色も変色していたそうで。
まだ前足が痛々しいです。
DSC02190_convert_20091104014655.jpg
ちなみにはっちゃんの名前の由来は『奥目の八ちゃん(岡八郎)』からきているそうでして、、、。さすがやな、、、。似てるわはっちゃん。


日本犬の苦手な栞もはっちゃんの貫禄か、ちゃんと上手にご挨拶。
比較的犬嫌いだというはっちゃんも、栞とはとても相性がよかったようです。
DSC02185_convert_20091104014727.jpg


いつもは遠慮ない栞ですが、何故かこの日はお客さんの多さ(ヒト3人、犬一匹)に圧倒されてか、そっとはしからのぞいたりする程度。
DSC02188_convert_20091104014843.jpg
「家政婦みたいやね。」と言われてました。

まるちゃんも、かわるがわる抱っこしてもらって人気者。
DSC02187_convert_20091104014808.jpg

栞家の住むN市は、犬猫の譲渡率がとても高いそうで、ボランティアの方達は以前から犬猫の里親さんへのお届けなどで来られていたようです。

でもこういったことが少しでも少なくなればいいな、と何もできない私達は思うだけなのです。

「お金を払って犬猫を買う」という考えが唯一絶対ではなく、ひとつの選択肢程度になればいいと思います。

だって、はっちゃんもまるちゃんも栞も、とってもいい子ですよ!!
スポンサーサイト

theme : 犬猫のいる生活
genre : ペット

こんにちは、かりんちゃん。

今日は、栞家引っ越し後、初のお客様。

たまたまご実家に帰省中のマイノさん、かりんちゃんが、栞家に遊びにきてくださいました。(というか、無理矢理お誘いしてしまった、、、。)

かりんちゃんはブログで見る通り、女の子顔した女の子らしいセターです。
DSC01881_convert_20090919211705.jpg

かりんちゃんは栞と同じく、保護犬。
飼い主の飼育放棄で、以前は外でつながれっぱなしでごはんもたまにもらえる程度、吠えるとショックが与えられる首輪を着けられ、マズルにガムテープをまかれてたという、、、ひどい話です、ほんと。

栞父に甘えるかりんちゃん。
DSC01899_convert_20090919214859.jpg
「これにだまされた。」とマイノさん(笑)

相変わらず初対面の犬には、とことん不躾な栞にも我慢強いかりんちゃん。
DSC01877_convert_20090919212008.jpg


くつろぐかりんちゃん。
DSC01886_convert_20090919212938.jpg

かりんちゃんの無防備な寝顔。
DSC01898_convert_20090919212902.jpg

マイノさんは、栞が保護された当初から、栞のことを知っていて下さった方。
住まいは随分遠いのに、ご縁が会ってお会いでき、いろんなお話が聞けました。
私たちが知らないことはたくさん、でした。

DSC01900_convert_20090919213047.jpg

これに懲りずにまた、遊びにきて下さいね。
次回はドッグカフェにも、行きましょう。

大移動後の栞家。

8月末に大移動し、やっとこさ、少しずつ落ち着きを見せてきた栞家ですが、まだまだ、部屋が殺風景です。

仕事の合間にいろいろと手続きやら買い物やらをしていると、なかなかはかどりません。

でも栞にはそんなことはまったく関係ないので、引っ越し当日からがんがんお散歩をエンジョイしています。

栞家は、仕事柄、わりとはた迷惑な家族でして、部屋をさがすのもなかなか条件が厳しく、選択の余地はほとんどありません。

なのに、今回の引っ越し先は、なんと超巨大な緑地公園から徒歩1分という、素晴らしい条件。(駅からは遠いのに、、、。)
犬にとってはとてもよい環境なのです。
DSC01812_convert_20090909010137.jpg


DSC01816_convert_20090909010303.jpg

早速緑地公園散歩を楽しんでいます。といってもまだまだほんの一部しか歩けておらず、緑地公園を征服するには、毎日散歩したとしても、少なくとも半年はかかるんではないだろうか、という広さ。DSC01813_convert_20090909010217.jpg


引っ越して1週間ほどたった頃、緑地公園の少し奥まった場所に足をのばすと、さらに広場が広がっていて、なんと犬たちが20頭近く集っていた。

みんなそれぞれマイペースに遊んでいる。栞もデビューさせてもらった。
新しい土地のせいか、栞も妙に大人しくご挨拶。

そこで、引っ越し前にはまったくお散歩で会えなかったアイリッシュ(なんと2頭も!!)に遭遇。

写真は7歳になるラスティくん。DSC01821_convert_20090909010039.jpg


DSC01818_convert_20090909010345.jpg

7歳でもさすがアイリッシュ、がつがつ走り込んでました。

もう1頭は11歳になるマックくん。写真はまだ撮ってないのですが、またそのうち、、、。


引っ越して間もないのですが、皆さんに栞のなまえを覚えていただいたりして、可愛がっていただいてます。感謝、感謝。

つい先日は、栞父と栞、その緑地公園で仲良くなったイタグレのトッティくんと飼い主さんで山散歩を楽しんできたようです。

またたくさん写真アップしますので、お楽しみに~。

theme : 犬との生活
genre : ペット

栞家の大移動にともなうイベント~その1~

この街での生活で、素晴らしい出会いのひとつであり、家族ぐるみ、犬ぐるみでお付き合いをいただいたタロッ家の皆様が、素敵な送別会をしてくださいました。

たまたまお散歩で出会い、たまたま始めて間もないblogを紹介し、その他たくさんの偶然もあり、そこからずっとお付き合いをしていただいてるタロッ家。

お二人とも趣味が幅広く、いつも自然体で、センスよく暮らしていらっしゃる。
栞家のあこがれのご夫婦でもある。

この日も居心地のいいおうちにご招待いただき、いつもながらだらだら居座る栞家なのでした。

タロッちゃんとも久々に再会。DSC01746_convert_20090822013757.jpg
栞家二人は、タロッ家が用意して下さったおいしい手巻き寿司、フルーツ、珈琲にみたらし団子などを遠慮なくがつがつ食べ、栞はタロッちゃんのおもちゃで、好き勝手にはしゃぎまわり、DSC01750_convert_20090822013835.jpg

栞にかまってもらえないタロッちゃんは栞にまとわりついて離れない。


DSC01753_convert_20090822013913.jpg
「ポリポリ、ポリポリ…」(栞)
「かゆいの?栞ちゃん」(タロッくん)

DSC01758_convert_20090822014005.jpg
「ぼくが栞ちゃんの耳のなかをみてあげる。」(タロッくん)
「……。」(栞)

DSC01754_convert_20090822020245.jpg
「栞ちゃんのお腹は?」(タロッくん)
「……。」(栞)
 

大好きなタロッママさんになでてもらう栞。とっても満足げ。
DSC01756_convert_20090822014038.jpg
「僕ちんもなでてあげるよ、栞ちゃん。」(タロッくん)
「……。」(栞)


              DSC01759_convert_20090822020208.jpg
             「あそぼ!!」(タロッくん)
             「……。」(栞)


DSC01757_convert_20090822014116.jpg
「あっそっぼっっ!!!」(タロッくん)
「……。」(栞)

ほんとうに素っ気ない栞なのでした。


そんな大騒ぎな食事をした後、タロッ家から「外で飲み直しましょうか?」とお誘いいただく。
タロッ家、栞家とも次の日がお休みだったこともあり、タロッ家ご近所のバーに歩いて向かった。

栞とタロッちゃんはお留守番。
栞は慣れない場所で、私たちが居なくなるので、「おいてかれる」と思ったのか、私たちが出ていった後に大騒ぎ。
ジタバタ家の中を走り回り、悲しそうな声をだす…タロママさんにやさしくなだめてもらい、落ち着いたところ鷄ささみで気を紛らし、こっそり出て来てもらった。さすがタロママさん。

普段あまりお酒を飲まれないタロッ家のお二人、栞家にお付き合い頂くかたちで、ゆっくりお酒をいただきながら、バーでのおしゃべりも楽しんだ。

タロッ家にもどると、すっかり寝静まった様子の二匹。大人しくお留守番してくれていた様子、ホッ…。
DSC01765_convert_20090822014208.jpg
大好きなタロッママさんと、ご機嫌顔の写真。

タロッ家の皆さん、いつもながら楽しい会を企画して下さり、どうもありがとうございました。
送別会とは名ばかり、これからもまた遊びましょう。

DSC01768_convert_20090822014236.jpg

犬達がてんでばらばらな集合写真…。

theme : 犬との生活
genre : ペット

Welcome to モーレツ栞教室!!

先日、タロッ家の皆さんに栞家においでいただいた。
あらかじめ、タロッちちさんから、おかずを持ち寄っての食事会にしましょう、という素敵なご提案を頂き、初めての持ち寄り会となった。
お客様が来られると犬と同様に舞い上がってしまい、おもてなしなどろくにできない栞家にとってはありがたく、また、何度もお邪魔しているタロッ家のお食事がとても美味しいので、始まる前からとても楽しみな食事会だった。

やはり、タロッ家のお食事は期待通りとても美味しく、あたたかい家庭の味がして、お箸がどんどんすすむ食事になった。

2月に行かれたアイルランド旅行のビデオを見せていただいたり、そのときのお話を聞いたりしながら、ゆっくりと時間が過ぎていった。

DSC01522_convert_20090424015506.jpg
「どうも!!タロッです。」

たくさんのお客さんに栞もご機嫌。
DSC01518_convert_20090424015250.jpg

二人暮らしだとめったに並ばないお皿、おかずの数々。
タロッ家のおかげで賑やかになった食卓を、食べる前に写真におさめておくべきだった。
DSC01521_convert_20090424015401.jpg

お姉さんで体も大きいのに、タロッくんにおかまいなしにがさつに絡む栞が気になる飼い主なのです。
DSC01527_convert_20090424015616.jpg

DSC01532_convert_20090424015743.jpg
お利口タロちん。

こんな素敵な食事会を企画してくださったタロッ家の皆様、ほんとにありがとうございました。またやりましょうね!!

theme : 犬との生活
genre : ペット

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

栞母

Author:栞母
2006年2月、奈良県の山中を迷子になっていたアイリッシュセターが警察に保護されうちにやってきました。
最初は一時預りのつもりが、しおらしい様子に心を奪われ栞という名前で我が家の家族の一員に。
今ではしおらしさもすっかりなくなり、ゆる~いWanLifeを送る栞との生活を綴っています。
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。