スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子のいい獣医さん。

まるちゃんがうちにきてから、そろそろ2ヶ月近くになります。
来週あたまには新しい里親さんのもとへ嫁いでゆきます。

その前に獣医さんに初回のワクチンをしてもらいに行きました。
栞父がまるを拾って、世話の仕方を聞いた獣医さんです。

実は私はこの獣医さん、あまり慣れていないのと、こちらの方言がバリバリなのと、せっかちに話をされるのと、表情が乏しいので、ちょっと苦手でしたが、お世話の仕方を聞いたし、まるが成長したのを報告したかったのもあって、あえてこの獣医さんに連れていきました。

猫のキャリーもないので、洗濯ネットに入れて鞄に入れて連れていきました。DSC02312_convert_20091106103816.jpg

頭までかぶせると・・・
DSC02310_convert_20091106103851.jpg
「金をだせっ、強盗だ!」



そんな冗談はさておき、

「仔猫のワクチンをお願いしたいんですけど。」(栞母)

「えっっっ??あの9月の仔猫??こんなに大きくなったんだ!!
すごいねえ。よくがんばりましたねえ。すごいすごい。大変だったでしょう!!」(獣医さん)


やたらとテンションが高い。
たぶん、獣医さんも私たち素人には仔猫の世話なんて無理だと思われてたんでしょうね。
まるをみて、信じられないという感じ。

「立派だわ。拍手喝采だわ。」(獣医さん)
「あ、ありがとうございます。まあこの子も強い子だったんでしょうね。」(栞母)

「いやあ、綺麗なお顔して。しっぽも立派だわ。」(獣医さん)

「あ、そうなんですね。」(栞母)
猫に詳しくない栞母、あまり比較が出来ないのでよくわからなかったけど、どうやらまるはそうらしい。



「犬とは大丈夫?」(獣医さん)

「はい、仲良くしてます。」(栞母)


「じゃあ、もう飼っちゃえば?」(獣医さん)

「いや、もう里親さんにとりあえずお試し飼いから・・・」(栞母)

「ああ、ほんとう。さみしいでしょう。」(獣医さん)

「ええ、まあ。」(栞母)

「猫一匹ぐらいうちにいてもいいんじゃない?犬と猫でねえ、いい感じじゃないの?」(獣医さん)

やたらと笑顔で調子がいい。

それと、犬を怖がらないこと、人にもなついていて爪をたてたりしないことも、とても大事でよいことだとほめていただきました。

「ほんとにね、かわいい猫でもシャーなんて言われるとほんとムカッときて腹立ちますよ。その点この子はいい子だわ。」(獣医さん)

獣医さん思わず本音爆発です。

ワクチンも検便も済み、獣医さん最後にまるを両手で持ち上げ、顔をまじまじと見て、

「かっわいいねえ。」

獣医さん、完全に仕事忘れて素になってます。

満面笑顔です。

そんなまると過ごすのもあと少しです。
寂しくなりますが、残りの数日間のお世話、がんばります。
スポンサーサイト

theme : 犬猫のいる生活
genre : ペット

奥目の八ちゃん。

もう2週間近くも前になりますが、栞を保護していただいたボランティアさんたちが、たまたま栞家の近くに来られるということで、うちに来ていただきました。

犬連れなので、、、ということで、一旦近くの公園の駐車場で待ち合わせ。

栞にとって命の恩人、SさんとBさんのことは栞もしっかり覚えていて、特別な人にだけする飛びつき癖で、しっかりご挨拶(恥)

ゆっくりと公園の中を歩いてうちに向かいました。
一緒に歩いている間の栞は終始ご機嫌。
「ちゃんとついてきてますか~?」
「みなさん、おそろいですか~?」
といわんばかりに、なんどもなんどもご機嫌笑顔で振り返り、うちに到着。

この日の犬のお客様ははっちゃん。もうずいぶん落ち着いた年齢の男の子。
皮膚の病気を患い、こちらの病院でしばらくあずかってもらって治療してもらい、随分よくなり、この日に引き取りに来られたとのこと。以前は背中にもまったく毛がなく、皮膚の色も変色していたそうで。
まだ前足が痛々しいです。
DSC02190_convert_20091104014655.jpg
ちなみにはっちゃんの名前の由来は『奥目の八ちゃん(岡八郎)』からきているそうでして、、、。さすがやな、、、。似てるわはっちゃん。


日本犬の苦手な栞もはっちゃんの貫禄か、ちゃんと上手にご挨拶。
比較的犬嫌いだというはっちゃんも、栞とはとても相性がよかったようです。
DSC02185_convert_20091104014727.jpg


いつもは遠慮ない栞ですが、何故かこの日はお客さんの多さ(ヒト3人、犬一匹)に圧倒されてか、そっとはしからのぞいたりする程度。
DSC02188_convert_20091104014843.jpg
「家政婦みたいやね。」と言われてました。

まるちゃんも、かわるがわる抱っこしてもらって人気者。
DSC02187_convert_20091104014808.jpg

栞家の住むN市は、犬猫の譲渡率がとても高いそうで、ボランティアの方達は以前から犬猫の里親さんへのお届けなどで来られていたようです。

でもこういったことが少しでも少なくなればいいな、と何もできない私達は思うだけなのです。

「お金を払って犬猫を買う」という考えが唯一絶対ではなく、ひとつの選択肢程度になればいいと思います。

だって、はっちゃんもまるちゃんも栞も、とってもいい子ですよ!!

theme : 犬猫のいる生活
genre : ペット

10 | 2009/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

栞母

Author:栞母
2006年2月、奈良県の山中を迷子になっていたアイリッシュセターが警察に保護されうちにやってきました。
最初は一時預りのつもりが、しおらしい様子に心を奪われ栞という名前で我が家の家族の一員に。
今ではしおらしさもすっかりなくなり、ゆる~いWanLifeを送る栞との生活を綴っています。
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。