スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのブタが欲しい。

さてそろそろ蚊がでる季節になりました。
先日、栞家のある押し入れを整理していると蚊取り線香がでてきました。

ここ数年はもっぱらアースノーマット派でしたが、せっかくだし当面はでてきた蚊取り線香を使いきることにしよう、ってことになりましたが、線香を炊くときの皿がない。
蚊取り線香と一緒にしまっていないのがなんとも栞家らしいです。

ここでふと栞母、「あのブタが欲しい…。」

そうです。蚊取り線香にはブタ。
昔の日本の夏の風物詩ともいえるあのブタ。

うちの実家にはなかったこともあり、妙に憧れちゃったりしてたのです、実は。
あのぽかんとまるく開いた口が、なんとも愛嬌があり、お茶目でほっこりさせてくれる存在感があり、ドラマやなんかに必ず登場してましたよね、あのブタ。

さて、そう思いついたら探すのみ。
蚊取り線香を売っているホームセンターや、ドラッグストアなんかだと、蚊取り線香用の皿はあっても、そんな陶器のものは売っていない…。

近所のショッピングモールの雑貨やさんを探しまわってやっとこさ一件。
そこも店頭には並んでいなく、「うちはこれしか置いてないですね。」と言ってお店のスタッフが裏から出しきてくれたのは確かに陶器のブタ。
でも、でも、違う…。お洒落すぎる…。
三角の耳が強調されていて、顔もふつうのどこにでもあるようなブタのかお。
口は少しだけ開いていて、陶器だけど、つるつるしてる。しかも全体的にピンク色。
「これだけですか…ちょっとほかも見てみます。」と言って断る。

近くに売っていなければネットしかない。
さすがネットだといろいろでてくる。
でも、なんかおしい。なんかちがう。

「カエルやないねん、ブタやねん。」
「こんなお洒落なんいらんねん。」
「おちょぼ口のブタ?なんでそんなんつくんねん。」
「色とかいっぱいついてんでええねん。」
「もっと土っぽい感じのん…。」

パソコンを前に一人でかなりツッコミをいれることになる。
そんなことをしばらくして、やっとこさ「あのブタ」に出会えた。

私が出会えた「あのブタ」は在庫処分とかで650円と、随分お安く売られていた。
ちなみにショッピングモールのは1800円。ネットで探していたときも、たいてい2000円近くの値段がついていた。

「これこれ!!よし、買おうっと。」
そして先日無事我が家に到着。

DSC01565_convert_20090603025731.jpg

「あのブタ」は「蚊遣り豚」っていうそうですね。
知らなかったです。

DSC01568_convert_20090603025225.jpg
「きみはだれ?」


DSC01567_convert_20090603025447.jpg
「だれ?こいつ…。」


スポンサーサイト

theme : 犬との生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ~、そうそうこの豚・・・
蚊取り線香といえば、確かにコレですよね(笑)
今はいろいろおしゃれな豚もあるんですね、知らなかった

うちは、子どもにせがまれてアースノーマットの黒豚タイプを買いました
けっこう可愛いです♪

No title

そういえば、なかなか見かけないですね!「あのブタ」

うちは専ら、蚊取り線香の缶のふたを裏返して皿として使ってましたv-48
缶入りの蚊取り線香なんて・・・今売ってないですよね。

栞ちゃん、ブタさんと仲良くしてねv-16

☆あーちゃんさま☆

へ~、アースノーマットの黒豚なんかあるんですね。
見たこと亡いけど、黒豚っていうのがなかなかしぶい。
子供や犬やらがいるおうちは蚊取り線香よりもそっちのほうが安全かもしれませんね。
うちはつけるときは、栞の手の届かないところに置いてます。

☆あじゅりんこさま☆

うちの近所ではよく見ますよ、缶入りの蚊取り線香(笑)、、、。
うちの実家でもふつうにお皿を使ってましたね。
でもなんか、このブタ、部屋にいるだけでなごみます。

No title

お~この豚なー!
うちにはめっちゃ年季の入った豚がいる‥
絶対何十年選手やわ。年季入りすぎて怖いくらいの(笑)

確かにおしゃれっぽいものよりも、
ぐあーんて口をあけてるこの豚のほうがしっくりくるよね。

☆hiroeさま☆

私の知り合いの実家に有るのも見せてもらったけど、黒くなるのよね、目のまわりとか。
うちにあると和むわ、このブタ。
それにしても、ムサシはすごいな~。なかなか行く機会がないんだけどね。

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

栞母

Author:栞母
2006年2月、奈良県の山中を迷子になっていたアイリッシュセターが警察に保護されうちにやってきました。
最初は一時預りのつもりが、しおらしい様子に心を奪われ栞という名前で我が家の家族の一員に。
今ではしおらしさもすっかりなくなり、ゆる~いWanLifeを送る栞との生活を綴っています。
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。