スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものせかい。

私は大人のくせに、しかもちいさいこどももいないくせに絵本をよく読む。
少し時間があって近くに本屋さんがあると絵本をパラパラめくって楽しむ。
すぐに読めるし、絵も楽しいし、気持ちも落ち着くし、なんだかしらないけどよく読む。

最近は本屋に入ると、たいていいきなり『年収◯◯◯稼ぐ!!』だの『デキる人の…』だの『成功するための…』だの『勝ち組負け組』(古い?)だの。
とにかく本屋は、私にとってやかましい場所なのだ。
かといって『スローライフ云々』なんてのも見かけるけどそんなの全然リアルじゃないに決まってる!と思って、見ないんだけど。

世の中の人は、そんなに稼ぎたくって、デキる人になって、成功したいのか?と不思議に思う。かといってたくさん稼いで、成功している人は決してそんな本は読むわけないだろ!と一人で突っ込んでるんですけどね。

でも絵本や児童書はそういうやかましさがないので好きなのかもしれない。

DSC00006_convert_20090107081148.jpg

これは昨年の暮れに近所の図書館で借りて来た絵本。
くろいぶちのあるしろいいぬがおたんじょうびに、ばらのもようのセーターをプレゼントされるところから始まるお話。犬好きにはなかなか楽しめる絵本ですよ。

お正月にた~くさん一緒に遊んだ姪っ子が最近読んだ絵本に、『かみさまからのおくりもの』という本があるそうで、赤ちゃんが生まれたときに神様からひとりずつ贈り物をもらうお話しだそう。(私も読んだことはないので、探して読もうと思ってます。)

姪っ子曰く、姪っ子本人と私(栞母)は「やさしい」をもらった。
パパは「つよい」をもらった。
ママは「歌が好き」をもらった。
栞父は「おもしろい顔」をもらった…
そうです。

絵本はやっぱり楽しい。

スポンサーサイト

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

アンジュール

「ハリーのセーター」素敵な絵本みたいですね。
こころ和むものがたくさんありますよね、シンプルなだけにココロにざっくり突き刺さるものもあります。

実は犬飼になる前から犬の絵本で手放せないものがあります。
「アンジュール -ある犬の物語ー」という絵本です。
素晴らしいデッサンだけで読ませる絵本。言葉は一言もありません。
きっと、栞さんと重なってしまい、栞母は最後まで読めません。

よろしかったら、お貸ししますです。

☆タロッちちさま☆

アンジュール、検索してみました。
表紙の絵を見て、ストーリーの始まりを少し知って、泣きそうになりました。はい、栞と重なります。この先いつか、買って見ようと思います。教えていただいてありがとうございました。

No title

こんばんは!
実は私の義弟は絵本作家(いのうえまこと)でその妻は版画家(村田エミコ)です。HPは有りませんがキーワード検索すると何か出てきます。

☆Naomiさま☆

すごいですね。素敵なお仕事ですね。
子供が相手のお仕事って、いろんな意味でとっても尊敬します。

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

栞母

Author:栞母
2006年2月、奈良県の山中を迷子になっていたアイリッシュセターが警察に保護されうちにやってきました。
最初は一時預りのつもりが、しおらしい様子に心を奪われ栞という名前で我が家の家族の一員に。
今ではしおらしさもすっかりなくなり、ゆる~いWanLifeを送る栞との生活を綴っています。
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。